年賀状を横書きにしたい時に確認すべきマナーや注意ポイント|写真年賀状印刷・年賀状アプリのDigipri(デジプリ)!全国のパレットプラザ で最短翌日受け取り可!【2022年寅年(令和4年)】

デジプリ年賀状2022 デジプリ年賀状2022

Internet Explorerはサポートしておりません。
お手数をおかけしますが、Google Chromeをご利用ください。

年賀状を横書きにしたい時に確認すべきマナーや注意ポイント 年賀状お役立ちコラム

年賀状を横書きにしたい時に確認すべきマナーや注意ポイント

投稿日:2021年11月19日

年賀状を書く際は、できるだけマナーを理解し、正しい形で書きたいものです。
例えば「受け取る年賀状はほぼ縦書きだけど横書きでは駄目なの?」と疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。また、中にはどうしても縦書きで文字を描くのは苦手だから横書きにしたい方もいるはずです。

そこで、横書きの年賀状にしたい方のために、年賀状を横書きにすると何かマナー違反などの問題があるのかについてご紹介しましょう。とても仲の良い友達相手であれば、ある程度自由に書いても問題にはなりません。ですが、上司や目上の人などに送る際にマナーを守って年賀状を書きたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

上司や目上の人へ送る年賀状の横書きは失礼

年賀状の基本は縦書きです。そのため、上司や目上の人など、マナーを重視しておいたほうが良い相手に対しては、横書きではなく縦書きの年賀状を送るようにしましょう。これは、表面と裏面の両方においていえることです。

特にマナーを重視している方に対して縦書きの年賀状を送ってしまった場合、不快な思いをさせてしまう可能性もあるでしょう。そのため、基本的に縦書きにしておくことをおすすめします。

年賀状を横書きする方法

普段から仲良くしている友達などが相手で、それほどマナーを気にしなくて良いのであれば横書きでも特に問題はありません。

横書きで年賀状を作成する場合、基本的に縦書きか、横書きかは表面と裏面でそろえるようにしましょう。そのため、宛名面を横書きにしたいと考えているのであれば、裏面のデザインも横書きのものにするのが理想です。同じく、デザインが横向きの年賀ハガキを使う場合は宛名も横書きにしましょう。

注意点として、横書きで書く際、電話番号や番地の数字は縦書きのように「一、二、三」と漢字ではなく、算用数字(1、2、3)で書きます。

それから、宛名を書く際、宛名面の切手より下部に相手の住所を書きましょう。住所よりも少し大きめにお相手の名前を書いてください。名前を書くとき、家族連名で送る場合は代表の一名のみに苗字を書き、あとは連名の後に「様」を付けましょう。家族に対して送る場合は「○○家御一同様」でも問題ありません。
自分の郵便番号や住所、名前についてはハガキの下側、少し右寄りにあて先の住所・名前よりも小さめに書くのがマナーです。

また、裏側が横書きのデザインになっているものの中には裏面に住所が書かれているものもあります。この場合、宛名面に差出人の名前と住所は不要です。

仲の良い方に送るとしても、このあたりのマナーはおさえておくと良いでしょう。

年賀状を横書きする場合の向き

横書きの年賀状にしたいと考えている方は、裏面デザインの向きに注意が必要です。正しい向きは、宛名面を縦に見た時、左側にあたる辺が裏側の上側にくるようにします。自分で裏面の印刷をしようと考えている方などは、このあたりに注目してみてください。

年賀状は基本的に縦書き

いかがでしたか?横書きの年賀状について注意点や向きなどをご紹介しました。横書きで年賀状作成する際におさえておきたいポイントがご理解いただけたかと思います。

ネットプリントが可能な年賀状サービスでは、縦書きでも横書きでも対応できるようにさまざまな例サインテンプレートが用意されています。その中からお気に入りのデザイン探し、納得のいく年賀状作成につなげてみてはいかがでしょうか。

ディスクリプション:年賀状を書く際に、横書きにしたいと考えている方もいるでしょう。ですが、マナー違反になってしまうケースもあるので注意しなければなりません。おさえておきたいマナーや横書きにする方法、ハガキの向きなどについてご紹介します。

お問合せ