年賀状情報サイト

結婚式は挙げずに入籍だけをする際に役立つ年賀状の文面集

投稿日:2015年10月16日
結婚式は挙げずに入籍だけをする際に役立つ年賀状の文面集

結婚式は挙げずに入籍だけをする「なし婚」カップルが増えていると言われています。「なし婚」でも「あり婚」でも、入籍をして晴れて夫婦となったのなら、お世話になっている周囲の方々に結婚の報告は必ずしておくのが大人としてのマナーです。結婚して1年未満であれば、年賀状で結婚報告をする方法もおすすめ。そこで今回は、年賀状に添える結婚報告の文面について、具体例と書き方のポイントを詳しく紹介していきます。

結婚式に出席して頂いた人

結婚式に出席してもらった人たちへ出す年賀状には、結婚式に参加してもらったことへのお礼に加え、新生活の近況、これからも付き合っていきたいという思いなどを入れた文章を添えましょう。

【例文①】
謹賀新年
昨年は私どもの結婚に際しまして 万事にわたり多大なご配慮をいただき
誠にありがとうございました
おかげさまで新婚旅行も無事に終え、順調な結婚生活を送っております
どうぞ本年も宜しくご指導くださいますようお願い申し上げます
平成○○年 元旦

【例文②】
謹んで新年のお喜びを申し上げます
昨年は私たちの結婚式にご出席いただき、誠にありがとうございました
おかげさまで新生活にも慣れ、落ち着いた新年を迎えることができました
未熟者の二人ではありますが、今後ともご指導のほど宜しくお願い致します

結婚式に出席していないけれど、結婚報告はした人

親しい間柄ではあるけれど何らかの理由で結婚式に出席できなかった人や、会社の同僚など、普段会う機会が多い人たちには、結婚生活の様子や今後の抱負などを入れた文章を添えましょう。

【例文①】

謹んで新年のお祝いを申し上げます
旧年中は大変お世話になりました
結婚して初めてのお正月を迎えました
良き年となるように二人で頑張りたいと思います
今後ともよろしくお願いいたします
平成○○年 元旦

【例文②】

恭賀新年
昨年は大変お世話になりました
おかげさまで新生活にも慣れて、二人で落ち着いた新春を迎えることができました
まだまだ未熟な二人ではありますが、今後ともご指導のほど宜しくお願いいたします
近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください
平成○○年 元旦

結婚式に出席しておらず、結婚報告もしていない人

この場合、どのような間柄かによっても報告の仕方は異なります。実際に会うことはなく年賀状でのやりとりがほとんどの場合には、新年の挨拶をメインに結婚の報告はさらっと済ませるのが無難でしょう。

【例文①】

新春を寿ぎ謹んでお慶びを申し上げます
昨年 私どもは結婚式を挙げ 新生活に入りました
今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします
平成○○年 元旦

【例文②】

恭賀新年
昨年○月○日に結婚し 下記住所にて新生活をスタートしました
まだ未熟な二人ですが 今後ともどうぞよろしくお願いいたします
近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください
平成○○年 元旦

これから新たな家庭を築いていく2人にとって、周囲と良好な関係を保つことは大切なことです。タイミングを逃して報告をしそびれている場合には、ここで紹介した内容を参考にして年賀状に結婚報告を添えておきましょう。